住まい専科マツオカ

前のページへ戻る

売る?貸す?

転勤やUターンなどで、今お持ちの土地やお住まいを使わなくなる場合、
「売る」または「貸す」という選択肢がありますが、どちらが良いか分からないというご相談をよくいただきます。
私たちは、それぞれのメリット・デメリットから、お客様のケースに適した方法をご提案いたします。

売った場合

メリット

売却による収益が得られます
  • 利益または損失の確定ができます。
  • 住まいに投資してきた資金を回収できます。
リスクを回避できます
  • 固定資産税や管理費等の支払いが終了し、
    すべて精算できます。
  • 賃貸と違い、設備修復リスクが延々と続きません。
ローンから開放されます
  • ローンの重荷を下ろすことで、次のステップへ行動に移せます。

デメリット

売却による収益が得られます
  • 利益または損失の確定ができます。
  • 住まいに投資してきた資金を回収できます。
リスクを回避できます
  • 固定資産税や管理費等の支払いが終了し、
    すべて精算できます。
  • 賃貸と違い、設備修復リスクが延々と続きません。
ローンから開放されます
  • ローンの重荷を下ろすことで、次のステップへ行動に移せます。

貸した場合

メリット

収入が見込めます
  • 住宅ローンを返済中の場合は、賃料収入をローン支払いの
    補填にまわせます。
  • ローン完済後は、賃料が定期的な収入源として見込めます。
空家にならず利用してもらえます
  • 常時の空家は不用心。人が住むことで、
    セキュリティ性が見込めます。

デメリット

借り手がないリスクがあります
  • 繁忙期に入居者を得られないと、
    通年で空家状態が続く危険性があります。
  • 空家期間は収入が得られないため、ローンの負担となります。
経費がかかります
  • 近年は賃貸人も修繕費用を負担する傾向が強くなっています。
  • 自己で家賃管理・入居者管理をするのは大変ですが、
    業者へ委託すると委託費が発生します。
ローン額を補填できない事もあります
  • ローン支払額が賃料収入で補填できなければ、
    賃貸人による支払いが必要となります。
固定費はずっと必要です
  • 固定資産税や管理費等が必要になります。

それぞれのメリット・デメリットを考慮し、お客様に適した不動産の活かし方をご提案致します!

お持ちの不動産を査定してみる!!

0587-53-8708 営業時間:9:30~18:00 定休日:土日祝日・水曜日

無料査定