住まい専科マツオカ

前のページへ戻る

施工事例のご紹介

  • CASE01
  • CASE02
  • CASE03

CASE01

陽の表情を、くまなく視覚化したい・・ 
コーナーの力で、採光を操れる空間を創りました。
また何気ないスペースも、彩ることでナチュラルなテイストがうまれます。
オーガニックに、そしてシームレスに利用できれば・・ 
そんな発想からうまれた、この坪庭。
さりげなく主張する空間は、室内へのライティング効果も期待大です。
溜息が出るほど精緻がほしい・・ 
「なかなかやるな。」 この一言が自然に出る、マジェスティックな家事空間。
オーナー家族の語らいに、いつでも参加するようなキッチンが印象的です。
1日のアクセント、はじまりはいつもここが起点・・
生活をセパレートできる、マテリアルの妙が創りだす上質なエントランス。
静寂と躍動が行き交うシーンにも、コントラストを込めました。
家族の表情や家族の温度まで、いつでも感じていたい・・
スクエアな吹き抜けがこれをニッチにフォロー。
階下を見下ろす様までが計算された、幾何学的な美しさを表現しました。
永く付き合え、愉しみたい。そして、時にはほっこりも・・
リビングスペースは、時間を弄ぶ贅沢な空間へと仕上げました。
ダーク調の家具と、白に包まれるインテリアが奏でる、二重奏のコントラスト。
時にはランチ、時にはお酒・・ 気分でスタイルを一新したい。
ウォールナットで表現する、老舗BARのテイストを醸す、カウンターを制作。
キッチンで起こる毎日のイベントに、一役も二役も買います。

CASE02

昔からあったように、平然と落ち着く場所でいたい・・
フェミニンなアプローチをもってして完成した、ワクワク感大のリビング。
期待や予測を超えつつ、滞在性豊かな空間へと仕上げました。
爽快感あふれる心地よさを、妥協せず・・
オープンキッチン&リビング階段が醸すパフォーマンスにより表現されたリビング。
彼方にみえるのは?・・ 大胆な奥行きをもつアッパーな解放感がここにあります。
階段というアウェーを、ホームグラウンドに巻き込んで・・
そんなリクエストで実現した、リビング階段のファザード。
連続性・・ オーナー家族の行き交いをショートカットできる、まるでガジェット!?
カジュアルななかにも、フォーマルの空間を取入れたい・・
合理的 < 情緒的
和室という一品で、畳本来の色合いと美しさを描写しました。
あらゆる場所に、滞在性を拡散したい・・
ファジーなリクエストから、デザイン+色調+ライティングで完成したLDK
どこにいても隣に誰かを感じていたい・・ そんな魅力を浮かび上がらせました。
たくさん収納したい、でも使い勝手は追求したい・・
刺激的選択 < あえてマンネリ選択
ウォークインクローゼットは、もはやオーダーハウスのマストなツールでは!?
自分のスペースという余韻、これにどっぷりと浸りたい・・
趣味空間でありつつ、ビジネス空間。
ふたつの表情を併せもつ個室は、いつの間にか、遊びごころも満載に。

CASE03

私たちだけじゃなく、マイカーとともに屋根の下で歩みたい・・
マッシブな両側支持のカーポートがもたらす、特別な存在感。
これによるファザードは、大胆な面持ちにより、周辺風景を席巻してくれます。
調理じゃなくてもそこに居たい・・
キッチンにはグラフィティによる遊び心を取り入れ、照明もスタジオ感覚に。
料理の香りに誘われ、おのずと子世帯が触れ合うシーンを演出しました。
皆を朗らかにしてくれる、そんなリビングを求め・・
ローシェンナ調の床から、やわらかく放散されるテンダーを体感できる佇まい。
コミュニケーションの可能性を広げる空間を提供しました。
シンプルに、でも心を動かす「!」があれば・・
しかしあえて「凡」を選択することで、自然と家族同士がフューチャーする空間に。
日常会話の中で時折出るであろう「!」が、このリビングにはあるんです。
絵本みたく。そんな温かな領域で過ごせれば・・
インテリアの一コマと家具の一コマをフィックスさせることで展開するイージー。
お子様の成長に合わせ、セパレートできるフレキシブルなデザインです。
ちょっと気軽に手作り料理、壁の向こうのお孫さんに届けたい・・
親世帯の粋なリクエスト、カタチにしたらこうなりました。
ナローな空間に、がっつり主張するキッチンには、カジュアルな採光が注がれます。
やっぱり広く!毎日ここから快進撃を・・
内外にアピール満載な、タテもヨコもプレーンなエントランスに仕上げました。
ソリッドな空間にも、オーナー家族の軽快な会話シーンが垣間見れます。

家創りについて詳しく知りたい

0587-74-6605 営業時間:9:30~18:00 定休日:土日祝日・水曜日

資料請求